« 第58章 丹波の風に誘われて | トップページ | ポチの番外編 近況報告(1) »

2006/01/26

第59章 旅立ち!!

 昨年2月から書き始めたブログ「雑種犬ポチの一生」に、多くの方達がアクセスして下さいました。また、多数コメントを頂きました。心より厚くお礼申し上げます。

 ポチとの思い出を綴る事により、ポチと暮らした14年の歳月を、改めて私達の心のアルバムに刻む事が出来ました。家内にとっても私にとっても、ポチの存在は大変大きかったのに、如何せんポチの写真が少ないのは、今になって悔やまれることです。身内バカですが、「あの時のポチは可愛かった!あの時のポチは意地らしかった!反対に、あの時のポチは困ったちゃんだった!」等々、今は本当に楽しくポチを思い出しています。これも皆様方が、私どものブログに遊びに来て下さり、又色々とメッセージを下さった事が励みになりました。重ねてお礼申し上げます。

 ポチを旅出させた事で私達も、「縁あって家族になれて良かった。!ポチありがとう!」という、感謝の気持ちで一杯です。そして私達も、ポチからの旅立ちです。

 このブログを応援してくれた人の中に、家内の甥がいます。家内と私の誕生日(1日違い)に、家内の姉一家から宅急便が届きました。明るいフラワーアレンジメントと、私達(特に私)の大好きなチョコレート、そして甥からの額縁に納められた絵でした。
 その額の中には、可愛いポチがいました・・・。家内は、久しぶりに感涙していました。悲しさではなく、うれし涙でした。

 甥からのプレゼントの絵を掲載いたします。
 pochi_19

pochi_21

pochi_22


 


 

 
 彼は、この秋、京都市内にて、「いきもの交響楽 第四楽章」の題で個展を開く予定だそうです。これまでも小規模ながら、心暖かい個展を開いてきています。もし、お近くの方で、機会があれば覗いてみようという方は、右サイド下方の「メール送信」から、当方にメールを送って頂ければ、後日、日程、場所等決まりましたら、当方よりご連絡差し上げます。 
 優しさをありがとう!思いやりをありがとう!家内から皆様へのメッセージです。

 そして、これまでコメントを頂きました方々、幸さん、レオママさん、ヒナタロウの母さん、くっくちんさん、hitujiさん、ゆきさん、ばあやんさん、グリンドルさん、ののパパ・ののママさん、ありがとうございました。
 またこれまで、私達とポチを見守ってくださった方々、ありがとうございました。

 またいつか、形を変えてお目にかかれる日を楽しみにしています。  完
image02101118

image02131122

image02151124

|

« 第58章 丹波の風に誘われて | トップページ | ポチの番外編 近況報告(1) »

コメント

クーガハハさん、おはようございます。
暖かいコメントを頂き、本当にありがとうございます。ポチが姿を消してから、2年3ヶ月が過ぎようとしています。ポチとのことを冷静に思い出せるようになっています。

人間と犬は、歴史的にも本当に長い付き合いで、心を通じ合い、こちらが信頼してやれば、相手は無償の愛情で応じてくれます。だからこそ犬を、家族の一員として考える方々が多くなっているのでしょうね。

生き物は全て、いつか終焉を迎えます。自然の摂理でやむを得ないことです。残された者の哀しみは、相手が人であれ、ペットであれ、かわらないと思います。その哀しみを乗り越え、楽しく懐かしく思い出してこそ、亡くなった者に対する感謝だと考えるようになりました。

クーガハハさんも、どうかお体をご自愛下さい。

投稿: 益樹 | 2006/11/18 10:01

先日は琥雅の日記に起こしいただきましてありがとうございました。

ポチちゃんのブログ、何度も繰り返し読ませていただきました。
益樹さんご夫妻のポチちゃんに対する愛情を、全編を通して痛いほど感じました。
ポチちゃんがいなくなってからのご夫妻の深い悲しみが、奥様の詩と言葉の中に
凝縮されているようで、読んでいて辛く涙いたしました。
別れの悲しみはなかなか癒えるものではないと思いますが、
少しずつお元気になられているようで、よかったです。
お父様の「犬にのめり込むな、人さまに笑われる飼い方をするな」という言葉は
とても胸に残りました。

だいぶ冬の足音が近づいてきました。
益樹さんも奥様もどうぞお体大事になさってください。

投稿: クーガハハ | 2006/11/18 01:13

hitujiさん、ありがとうございます。
何度か、散語抄へもお邪魔しているんですよ。格調高い文章にふれ、改めてhitujiさんの才能に感じ入っている次第です。
更新されたとのこと、早速に訪問してみます。

投稿: 益樹 | 2006/09/01 23:16

こんばんわ
8月も終わりだというのに暑いですね。
久しぶりに、まとめて更新しました。
私がカットしたコロの姿も添付してありますのでご覧ください。なかなか良い出来なんですよ。

投稿: hituji | 2006/08/31 22:59

hutujiさん、コメントありがとうございます。今後は散語抄へ遊びに行きます。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 益樹 | 2006/08/22 12:49

こんばんわ
ご無沙汰しております。

今日、犬専用ブログを閉じました。
今までに書いた記事は、過去倉庫としてフリーサイトに移し
閲覧できる形にしてあります。
コロのことは「日々散語」(ブログ)のなかで、他のカテゴリーと一緒に書いていくつもりですので、今後もよろしくお願いいたします。

一応メールでも、ご連絡申し上げましたが、
ここにも記させていただきます。

投稿: hituji | 2006/08/22 00:06

hitujiさんこんにちは。
注射の後も、コロちゃんが元気で何よりです。
ペットの薬アレルギーについても、獣医師の間で徐々に話題になり研究されているようなので、いつか安心して注射が受けられるようになると思います。

投稿: 益樹 | 2006/04/20 13:00

今、コロの部屋を覗いたのですが、私の侵入した音に気付いてかハウスの中から「安眠妨害だ!」と言わんばかりにヌクッと起き上がり、薄目を開けて私を睨みつけていました。いつもと変わりありません。アドバイスありがとうございました。

投稿: hituji | 2006/04/20 01:00

hutujiさん、コメント有り難うございます。
2003年4月24日のお話、心中お察し申し上げます。
薬のアレルギーによって、体調を崩す犬、ひどい時には命を落とす犬など、悲劇はよくあることのようですね。
その時の犬の体調、年齢によって、反応の仕方も違ってくるのでしょう。注射を打った直後の様子に十分注意しましょう。

投稿: 益樹 | 2006/04/19 08:45

今日はは我が家の飼い犬、コロの狂犬病予防接種の日です。
飼い主の当然の義務ですから、勿論接種に行きます。
今日のコロは体調万全ですから大丈夫でしょう。
この時期が来ると、以前飼っていた雑種犬のコロ(今のコロと同名)のことが思い出されます。
2003年の4月24日の夜、それは雨の日でした。何を思ってか犬小屋から出て雨の中で腹ばいになっていました。小屋に入れようとしても動かないので玄関に入れてやりました。そのときは尻尾を振り回していたのに、数時間後、私が寝る前に様子を見に行ったときには既に動かなくなっていました。苦しみもせず、なきもせず、つい先ほどまで尻尾を振っていたのに。
家族の者が見ていないうちの、あっという間の出来事です。
その数日前に狂犬病の予防接種を受けました。狂犬病予防接種で副作用があったり、死ぬ犬もあるとの情報を目にすると、死んだコロも、あの時狂犬病の予防接種をしなければ、あるいはもう少し長生きできたのかな・・・今になって、そんなことを思ったりしています。
まあ、あれはあれで14年も生きていたんだから、天寿を全うしたということでしょう。

また新たな気持ちでブログを立ち上げられることを期待しています。

投稿: hituji | 2006/04/19 02:10

くっくちんさん、コメントありがとうございます。
くっくちゃんが大変なときに時間を割いて頂き、かえって恐縮しております。
それにしても、縁というものは本当に不思議なものです。生物としての種は違っていても、同じ生き物として、同じ時間を共有し、心を通わせあった仲間として共に生きたということは、本当に幸せなことだと思います。
くっくちんさんも、どうかくっくちゃんとの残りの時間を大切にお過ごしください。

投稿: 益樹 | 2006/02/16 00:06

こちらのブログに出会えて、ポチちゃんを感じ、益樹さんの文にふれて、本当に感謝しております。これからも、ずっと、私の大好きなブログです。

去年、くま子を失い、今、くっくが同じ病気になって、この子達との10数年、自分の人生の中での、一番優しい時間について、色々思います。
赤い糸は、赤いからこそ意味があるのですね。
他の色ではだめです。血の通っている者同士だからこその、繋がりなんですね。
それぞれが生きているからこその出会いと別れがあって、その子とだけの思い出で時間で、だからこそ、かけがえのないものなんですね。

ブログの再開楽しみにしております。
その時は、そばに、暖かいもこもこが、くりんとした眼で益樹さんを見上げているのかな。(^o^)

投稿: くっくちん | 2006/02/15 13:36

グリンドルさん コメント有り難うございます。
長い間読んで頂いて感謝しています。
仰る通り、私達とポチは赤い糸で結ばれていました。その事は、甥から贈ってもらった絵と文を見て初めて気付かされました。
そして、赤い糸で結ばれていた事を実感した時、久しぶりに涙が溢れ出て来ました。
益樹は何時か、また違った形でブログを立ち上げたいと言っていますので、宜しくお願いします。      益樹の家内より

投稿: 益樹 | 2006/01/30 22:22

しばらくぶりに覗かせて頂きましたが、とうとう最終章なのですね?おつかれさまでした。
『赤い糸』は、短いけれど、ポチくんとお二人の関係を実に巧く表現しているなあと感心しています。この詩もポチくんに届いていると思われます。

投稿: グリンドル | 2006/01/30 20:21

ゆきさん、おはようございます。
人と犬は本当に不思議な縁で結ばれるものですね。私達もある因縁からポチを飼うことになって、長く付き合うこととなりました。
心を通わせた生き物と別れるのは、本当に辛いことですが、よく考えれば人間社会の中でも、出会いと別離は繰り返されています。災害、事故等で悲しい別れを強いられる方達も大勢いらっしゃいます。そのことを考えると私達は幸せなのでしょう。
私達もポチと別れましたが、彼は彼の意思で自然の中に消えていきました。これもまた運命なのでしょう。
仰るとおり、また縁があれば、その縁を大切にして行こうと思いますが、その新しい命の寿命と、私達の老いた後の年齢を考えると、少し不安があることも事実です。まあ、ゆっくり考えることにしましょう。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 益樹 | 2006/01/29 10:04

hitujiさん、おはようございます。
本当に人間と犬は、昔から信頼関係で結ばれてきたようですね。古来、人間と犬の交流の物語も世界中にあるようです。
私達も、そのような犬と、長きに渡り家族の一員として、心を通わせあうことが出来たのは、本当に恵まれた事であったと、今感じています。
しかしながら、人間と犬は、現実に違う生き物です。そこのところはしっかり認識したうえで、心を通わせあうのがお互いの為と思います。
義父は、私達がポチを人間と同じと錯覚してしまうのを戒めてくれました。改めて感謝しています。
hutujiさんのHP、ブログへも、また遊びに行かせて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 益樹 | 2006/01/29 09:41

益樹さん、ご無沙汰しておりました。
堂々の完結、何度も何度も読返させていただきました。
「今は本当に楽しくポチを思い出しています。」
この一言を伺って、安心したと同時にとても嬉しい気持ちになりました。
ポチちゃんとの別れが、益樹さんご夫妻にとってとてもお辛いものだったので、お心の傷が心配でした。
私は、お別れの悲しみは決して消えるものではないけれど、必ず和らいでくるものと信じています。
少しずつ少しずつ、これからもお二人のお気持ちが和らいでいきますように。
そして常々思っているのですが、心から犬を愛した人のもとには、また不思議な「縁」がやってくることが多いように思います。
まるで引き寄せられるように・・・。
それが明日なのか、ずっと何年も後なのかは分かりません。
もしいつの日か、そういう出会いがあったなら、ぜひその子を愛してあげて下さい。
全ての犬たちが、ポチちゃんのように愛されて幸せになりますように。
そして全ての犬を飼う人が、益樹さんご夫妻のように犬を愛し続けますように。

投稿: ゆき | 2006/01/28 23:36

ご無沙汰しています。

長い間、ありがとうございました。
益樹さんのサイトを拝見して
あらためて「人は愛するために生まれてきたのであり
犬は愛されるために、この世に存在している」
ということを認識しました。

ポチちゃんへの愛の記録と、その喪失の傷痕からの立ち直りが
二重のテキストとして、私の心を衝ちました。

どこかにありましたよね。
お子さんのいらっしゃらない益樹さんご夫婦に
お父様の仰った「溺れるなよ・・・」
・・・この言葉が忘れられません。
お父様の、ご夫婦に対するこの上ない愛情を感じます。

投稿: hituji | 2006/01/28 20:17

幸さん、コメントありがとうございます。人が生きてゆくには楽しいこと、悲しいこと、辛いこと、怒ること等を、かわるがわる味合わなければならないのかもしれません。私などは余り強くないので(家内は私より強い)、その度に舞い上がったり、落ち込んだり、人を恨んでみたりと、あたふたとしてしまいます。そんな中、ペットに癒される日々がどんなに素晴らしいことか、ポチを亡くした今になって実感しています。
事務所は経費節減の為自宅を使っています。
実はこの仕事は余り儲からないのです(笑)。まあ、こつこつやるしかないのでしょうね。いつか違ったブログを始める時は、よろしくお願いします。

投稿: 益樹 | 2006/01/28 00:14

ばあやんさん、コメントありがとうございました。甥は7~8年前ほどから、絵を書き始めました。動物(主に小動物)、昆虫、花などを題材に描いています。
このブログを書き始めたときから、いつかけじめはつけなければいけないと思っていました。いつの日か、また違う形で書きたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: 益樹 | 2006/01/27 23:50

第59章のタイトルを見て、思わず”あっ!”と声をあげてしまいました。
私はこのブログに出会えて本当によかったです。益樹さんや奥様のその温かいお人柄に心がどんなに和んだことかしれません。また、お二人のお気持ちが痛いほどにこちらまで伝わってきて、涙することも度々でした。
いつか試験に合格したら、益樹さんの事務所に遊びに行ってもいいですか?同じ神奈川の空の下で、私もこれから頑張ります。

投稿: 立山 幸 | 2006/01/27 08:30

とても素敵なプレゼントをいただかれましたね。
優しいタッチの絵ですね。
詩を読んでいるとじ~んとしました。
優しいお気持ちが一杯あふれ出てくるプレゼントでしたね。
これでこちらのブログがおしまいになってしまうのは、本当に寂しいですが、小説の中で、ポチちゃんとお二人の世界に引き込まれるように読ませていただきました。ありがとうございました。

投稿: ばあやん | 2006/01/27 07:42

ののママさん、そしてののパパさん、コメントありがとうございました。
私達とポチは「赤い糸」に結ばれていたのでしょう。ポチは縁あって突然我が家にやって来て、突然去っていきました。彼と過ごせた14年間は本当に心和む年月でした。
このブログでは、普段家に居ない私が、知らなかったエピソードを家内から聞いて、記事にした章も多くあります。二人共同で創作したブログといえるでしょう。また機会があったら違う形でブログを再開したいと思っています。
こちらこそ、宜しくお願いします。

投稿: 益樹 | 2006/01/26 23:47

なんて素敵なプレゼントなんでしょう!!!
「赤い糸」の詩・・・ポチちゃんの一生が思い出されて、私も感動で涙が止まりませんでした。
私達はのんのんと暮らして4年半ですが、いままでの出来事を益樹さんのように文章に出来るかと言ったら、とても出来ないしうっすらとしか思い出せません。益樹さんがこんなに詳細に思い出を綴れたのは、それだけポチちゃんと奥様との生活を大切にして過ごされていた証だと感じました。
素晴らしい文章力で連載小説を読むかのように毎回続きが待ち遠しかったです。
益樹さんご夫妻の深い愛情と悲しみ・・・胸を打たれるブログでした。
たくさんの感動を有り難うございました。これで完結とは、何とも寂しい限りです。
のんのんのブログには遊びにいらして下さいね。これからも宜しくお願いします。

投稿: ののママ | 2006/01/26 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/8351021

この記事へのトラックバック一覧です: 第59章 旅立ち!!:

« 第58章 丹波の風に誘われて | トップページ | ポチの番外編 近況報告(1) »