« 第51章 ポチとの最後の旅行 | トップページ | 第53章 ポチが失踪した日(2) »

2005/11/27

第52章 ポチが失踪した日(1)

 私の郷里である京都府福知山市は、古くからの城下町で、戦国時代には明智光秀の所領地として栄えた。
現在は、人口7万人弱の京都府北部の主要地方都市となっていて、平成18年1月には、近隣の三和町、夜久野町、大江町と合併することが決まっている。
 
 私の実家は、この福知山市内の郊外にあり、日本海につながる由良川の支流である土師川(はぜがわ)が流れている。実家を含め、古くからの家々が集落を成していて、集落から一段下がった場所に、小規模ながらの田園が土師川の堤防まで広がり、夏には青々とした稲の波が風に揺れている。
 祖父の代までは専業農家であったが、父の代から半農となった。父は給与生活を送りながら、土日は農作業をするという生活を長く続けたが、今は全て仕事はリタイアし、悠々自適の生活を過ごしている。
image02030106
 私は早くから実家を離れているが、弟がとなりに家を建て、実家の父母と共同生活をしている。父母は男3人の孫達、つまり私の甥達に囲まれ、賑やかな毎日を送っている。
 ポチを初めて実家に連れて行った時、現在社会人となっている上の甥2人は小学校低学年、下の甥はまだ就学前であった。 
 
 平成16年8月12日、家内の実家からポチを伴って出発した私達は、午後4時過ぎに私の実家に着き、裏庭にある車庫に車を止めた。夏の太陽は漸く西に傾きかけたところで、まだ暑い西日を注いでいた。
 私は運んできた土産等の荷物を次々と車から降ろし、それらを勝手口から運び込んだ。家内は、まずポチを降ろして、リードの先に更にナイロン製の紐をつないで、その紐を勝手口の前にある柱に結わえた。この場所は、ポチが実家に滞在するとき何時も過ごす場所であり、長くした紐により、夜以外は開け放されたいる勝手口から、屋内外をポチは自由に出入りしていた。
 家内は、新しい水を容器にたっぷりと入れて、ポチの側に置いてやった。その後、私と一緒に荷物を運んだのであった。私の父母、義妹、甥達も総出で迎えてくれて、荷物運びを手伝ってくれた。弟は仕事で留守であったが、今日は早く帰宅するとのことであった。
 
 皆はポチに対しても、「ポチ、お帰り、お疲れさん」と声を掛け、頭を撫ぜてくれたりしたが、残念ながら、若い頃のように尻尾を振って、愛嬌を振りまくということはなくなっていた。人間達の忙しない動きにも反応せず、柱に繋がれた位置でじっとしていた。いつもの夏であれば、すぐに西日を避けて屋内に移動するはずのポチであった。
 これは後で家内が語ったことであるが、今になって思えばこの時、西日に当たっていたポチが、「眩しいよう、暑いよう」というような、何とも言えない顔をしていたとのことであった。
roukenn-pochi1
 荷物を運び込んだ後、私も居間に入る際にポチを撫ぜてやり、「後で散歩に行くからね」と声をかけてやった。この時にはポチも屋内に入り、勝手口の土間でたたずんでいた。
 そして皆で冷たい飲み物で喉を潤し、暫しの歓談をしていた時、ポチを最も可愛がってくれていた一番下の高校生の甥が、勝手口から家内を呼んだ。彼はいつも、ポチが実家に着くと側に行って、優しく相手をしてくれていた。
 
 「おばさん、ポチが離れているよ!」という甥の声が私の耳にも届いた。家内が勝手口に向かい暫く経った。私は、ポチは離れてはいるが、裏庭のあたりでたたずんでいるような気でいたので、そのまま居間にいたが、「ちょっと来て!」と言う家内の緊迫した声に胸騒ぎを覚えて、勝手口から裏庭に出たのであった。
「ポチがいなくなった。紐は、この後すぐに散歩に行くため蝶々結びにしていたけれど、解いて行くなんて信じられない!」と家内は言い、「取り合えず私は遠くから捜すから、近場から捜して!」と、車で捜しに行った。

 私は、裏庭、家の周囲、畑、下の田んぼの農道、近所の庭先、などを捜して回った。父母、義妹、甥達も手分けして捜してくれた。その内、遠くを捜してきた家内が帰り、「遠くには行っていないよ、ポチの足腰から考えて、やはり近場だと思う」と言い、それぞれ捜すことになった。
 この時点で私は、暫くするとポチは見つかるものと信じて疑わなかったのである。
                                つづく

|

« 第51章 ポチとの最後の旅行 | トップページ | 第53章 ポチが失踪した日(2) »

コメント

ののママさん、コメントありがとうございます。
確かに当時の私達の気持ちは、胸にぽっかり穴が開いたような辛いものでした。せめて、どのような最期だったのかだけでも知りたく、探し回っていました。いわゆる、ペットロス症候群も経験しました。しかし、いつまでも悩んでいてはかえってポチも喜ばないと気付き、立ち直ることができました。

投稿: 益樹 | 2005/12/03 01:29

突然、ポチちゃんの姿が消えて、驚かれたことでしょう。
↓のコメントのように恐らく「本能的な行動」だったのでしょうが・・・
その当時の益樹さんご夫妻のお気持ちを察すると辛いです。
きっと天使に囲まれて、静かに旅立ってしまったのでしょうか。不思議な事ってあるものなんですね・・・。

投稿: ののママ | 2005/12/02 21:33

ゆきさん、コメントありがとうございます。
蝶々結びにしてあった、リードとナイロン製の紐の結び目を引っ張ってほどいたようです。
つまり、首輪とリードをつけたまま消えてしまいました。荷物を運び終わってからポチがいなくなったのが分かるまで、わずか20分の出来事でした。

投稿: 益樹 | 2005/11/30 19:23

hitujiさん、こんばんは。飼い主に死に目を見せないことまでは、犬は考えられないと私は思います。但し、自然界では、病気、老齢などで動けなくなったところを、他の肉食動物に見つかると食べられてしまいます。つまり死を意味します。犬は最後まで生きることをあきらめないとすると、動けなくなることを察知した時は、本能的に他の動物に見つからないように、身を隠すというのが本当ではないでしょうか。

投稿: 益樹 | 2005/11/30 19:17

ポチちゃん、どこへ行ってしまったのでしょう?
とても心配です。
たしかにリードを外すなんて到底無理のように思いますが、いったい何が起こったのでしょうか。
どうか無事でいてくれますように・・・。

投稿: ゆき | 2005/11/30 12:09

ポチちゃん、どうしたんでしょう。弱った身体で遠くに行くなんって、およそ考えられないし・・・
リードを一人で外すことも考えられない。

以前、何かで読んだことがあるんですが、死に目を飼い主に見せない犬もあるということでした。
真偽のほどはわかりませんが、犬なりの飼い主に対する心の配慮なんでしょうか。
それとも、死して野生に戻るのでしょうか。

いずれにしても、ポチちゃんのその後が気がかりです。

投稿: hituji | 2005/11/30 00:42

ばあやんさん、コメント有難うございます。
この頃のポチは、立っていても、胸の部分に手を当てるだけで、そのままじっとしている状態でした。リードと紐を結わえた結び目を自分でほどくなど、考えられませんでした。
また、そんなに遠くへ行けるはずもなく、消えてしまったことが、未だに信じられない思いです。
勿論、道路、畑の中、田んぼの中、あぜ道、水路、用水池、竹やぶの中、溝など、全て探しましたが、見つかりませんでした。

投稿: 益樹 | 2005/11/29 12:46

えぇ~、ポチちゃん、どこに行ってしまったんでしょう。弱々しい口で紐を解いたのでしょうか。
足元もおぼつかないのに・・・
どこか溝にでもはまっているのではないかと気がかりですね。

投稿: ばあやん | 2005/11/28 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/7345273

この記事へのトラックバック一覧です: 第52章 ポチが失踪した日(1):

« 第51章 ポチとの最後の旅行 | トップページ | 第53章 ポチが失踪した日(2) »