« 第45章 ポチ!冷え冷えマット使って! | トップページ | 第47章 「お犬様でしたか。」敬語を使われたポチ! »

2005/10/20

第46章 ポチ、ストーブの前に座り込む

 心臓病の進行により血液の循環が徐々に悪くなったポチは、秋も深まり少し肌寒くなっただけで、私達のそばに来てピッタリと寄り添うようになった。平成13年の晩秋からである。
 
 更に、初冬に入るとポチは、天然の毛皮を着ているというのに、寒い寒いと小刻みに震えた。家内が台所に立っているときも、のそのそと近寄り、「寒いよう~!」と震えながら訴えていた。
 家内は「もう~、相変わらずポチは、大袈裟なんだからぁ~、こっちにおいで!」と、ポチをリビングに連れて行った。そして、ひざ掛けを頭から体全体にふんわりと掛けてやると、まるでガウンを頭から被ったボクサーのように、ポチはその場所で、そのままの状態でじっとしていた。
pochi_winter
 暫くすると寒さが収まったのか、ポチはひざ掛けを頭から体に掛けたまま、うろうろと歩き回る。うっかりすると踏みつけてしまうような場所で、ひざ掛けを頭から被ったまま、丸まって寝てしまう。
 見かねた家内は、ポチの為にベストを急遽編むことにした。ちょうど私のセーターを編み始めていたのだが、「ポチのベストが先ね!」と言って、私のセーターは後回しになってしまったのである。

 せっかちな家内は、夢中になってポチのベストを網みあげる。両サイドに縄模様の入ったおしゃれなベストである。頭と、尻尾の所に、丸く穴を開けた優れものであった。ポチも大変気に入り、「ポチッ、ベスト!」というと、のっそりやってきて、早く着せてとばかりに、じっとしていた。ポチにとって、冬には欠かせないアイテムとなった。
 ポチはその後も家内に、柄が入ったベージュのベスト、グレーに棒線の入ったベストと、計3着を編んでもらって、着まわしていた。

 何年かすると、純毛で編んだベストは、何度も洗っているうちに縮まってしまい、頭用の穴からポチの顔が通りにくくなったりもした。それでも寒い日には、ポチはお気に入りのベストを着たうえ、ストーブの真ん前にうつ伏せに寝転んで、気持ち良さそうに寝ていた。しかし寝ながらも、年を重ねると共に「ゴフォ、ゴフォ」と咳込む事が多くなった。

 因みに私のセーターはというと、片腕の途中で編むのを中断していて面倒になった家内は、「ポチと一緒で、ベストでいいでしょう!」と省略してしまった。
                                つづく

|

« 第45章 ポチ!冷え冷えマット使って! | トップページ | 第47章 「お犬様でしたか。」敬語を使われたポチ! »

コメント

hitujiさん、こんにちは。
犬も自然の中で暮らすのではなく、人間と一緒に人間社会の中で暮らすようになり、暑さ、寒さに弱くなって来ているように思います。
大人の古くなったセーターの活用、良いアイデアですね!是非チャレンジしてみては如何でしょうか。

投稿: 益樹 | 2005/10/25 12:12

おはようございます。
寒くなって、家のコロもベッドの中で丸く蹲っています。
そろそろ、天然の毛皮の上にもう一枚欲しくなってきました。
人間は身体を動かせば、寒さも吹っ飛んでしまいますが、
体調の弱っていたころのポチちゃんには、晩秋の冷えは身に染みたことと思います。
手作りセーター良いですね。
私もコロに編んでやりたいけど・・・その種のことが苦手と来ていますから、
今考えているのは、大人の古くなったセーターを利用して、身体に合うようにリフォームしてやることです。
上手く出来るかな、どうかな・・・?

投稿: hituji | 2005/10/25 07:39

ののママさん、こんばんは。
ポチは冬の季節でも、欠かさず散歩はしていました。しかし、歩く距離はめっきり短くなって300~400mぐらいを、ゆっくりゆっくり20分程かけて歩いていました。途中で咳き込んで中断しながらの散歩でした。当然に体も冷え切ってしまうので、家に帰ってから着るベストはポチにとって有り難かったと思います。

投稿: 益樹 | 2005/10/21 22:17

ばあやんさん、こんばんは。
犬は体に色々付けられるのを嫌がる場合もありますが、寒い時期のベストはポチにとって有り難いものだったのでしょう。
冬の時期は、ポチも、我々の寝室がある2階で寝ていました。1畳ほどのホットカーペットを専用の寝場所にしてやりました。

投稿: 益樹 | 2005/10/21 22:07

わぁ、特製のベストですね。
ステキ!ステキ!
今はヒト用よりも高価な値段でセーターが売ってますけど、何よりママさん手編みっていうのが幸せですよね。私は苦手なのでとても羨ましいです。
写真のポチちゃんが、「ほら、あったかいのよ。素敵でしょ。」って言ってるみたいです。
良かったね。ぽちちゃん。

投稿: ののママ | 2005/10/21 21:34

おはようございます。
血液の循環が悪くなると、やはり体温を保つのが難しいみたいですね。
奥様に素敵なベストを編んでもらって、ポチちゃんうれしそうです。3つも編んでもらったんですね。おしゃれですね。(*^^*)

投稿: ばあやん | 2005/10/21 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/6491443

この記事へのトラックバック一覧です: 第46章 ポチ、ストーブの前に座り込む:

« 第45章 ポチ!冷え冷えマット使って! | トップページ | 第47章 「お犬様でしたか。」敬語を使われたポチ! »