« 第46章 ポチ、ストーブの前に座り込む | トップページ | 第48章 ポチとの散歩 »

2005/10/27

第47章 「お犬様でしたか。」敬語を使われたポチ!

 月日の経過と共にポチは、「ゴヘェ~ッ!、ゴフェ~ッ!」と、薬では抑えられない咳をするようになっていた。
 無事夏を過ごし、秋が過ぎ、冬の寒さに耐えているポチにとって、2月は花粉症が始まる二重の苦しみの月である。平成15年のことであった。
 
 「ゴフォ~ッ、グッ、グッ、グフェッ~クション!!」本当に苦しそうである。鼻が詰まり、更に大きなくしゃみは、心臓肥大で薬漬けのポチの体にとっては大きな負担となった。
 足腰も相当に弱って来てはいたが、まだどうにか階段の上がり降りは出来ていた。私達が仕事に行っている間、ポチは、「ゴフォッ~、ヘェックショ~ン!」と咳き込みながらも、暖かな陽だまりを求めて、家の中をあちらこちらとうろついていたようである。
pochi_7
 私達の休日に、電気屋さんが、頼んでいたエアコンの見積を持って来てくれた。古くなったエアコンを入れ替えるためである。その電気屋さんが玄関先で、「先日、別件で近くまで来た時、お寄りしたのですが・・ おじい様が2階にいらっしゃった様子でしたが、チャイムを押しても聞こえなかったようで・・」と話し始められた。
 私も家内も(うちにはおじいさんはいないのに??)と首を傾げている時、「お客さんは、誰ぇ~?」とポチが、いつもの様に咳込みながら、「ドッスン、ドッスン」と階段を降りて来た。
 
 階段を降りてくるポチを見た途端、電気屋さんの目が点になった。階段を見上げ、ポカンと口を開け「はぁ~?お犬様でいらしゃいましたか・・」とビックリしていた。家内も「はぁ~?犬ですが・・・!?」と、これも訳の分からない返事をしていた。
 電気屋さんが言うには、「先日チャイムを鳴らした時、私が聞いた”ゴッホン!ゴッホン!”という咳は、正しく人間のおじいさんの咳でした。」との事であった。見積もりの説明をしながらも、私達の側で一緒に話を聞きながら咳き込んでいるポチを見て、電気屋さんは、頭をフリフリ「ふ~ん」と本当に狐に騙された様な表情であった。
 この愉快な話は、私達にとって、大笑いした忘れられない思い出である。

 そして、この話には、もう一つ落ちがあった。今年に入り、このブログを書き始めて暫くしてから、家内がお隣の奥さんとの世間話の中で、ポチの思い出をブログに綴っている事を話した際、「ポチはちゃんと留守番犬になっていたわよ」という話になったそうだ。
 私達の留守中、作業服を着た人が庭でウロウロしていたので、奥さんが声を掛けてくれた。「お二階にどなたかいらっしゃるようなんですが・・」と言う一見怪しそうな人に対して、「お留守です」と言ってはまずいと思った奥さんは、「いらっしゃるのは耳が遠いおじいさんなんで・・」と、咳をしているポチを人間のようにカモフラージュしてくれたとの事であった。
 
 そう、その一見怪しげな人が、あの電気屋さんだったのである。ポチを見上げた時の電気屋さんの摩訶不思議そうな顔(なんで、耳の遠いおじいさんが犬なの??)の意味がつい最近、理解できたのであった。
 怪しげな人は、ただ一人、ポチに敬語を使ってくれたいい人なのであった。
                               つづく

|

« 第46章 ポチ、ストーブの前に座り込む | トップページ | 第48章 ポチとの散歩 »

コメント

hitujiさん、コメントありがとうございます。
ポチの方を見ないで咳を聞いていると、本当に人間のお爺さんが咳をしているのかと思われるほどでした。
もし、外から本当に怪しい人が、家の中の様子を探っていたとすると、ポチの咳によって、家に侵入するのを諦めたことがあったかもしれませんね。

投稿: 益樹 | 2005/10/31 23:14

ポチちゃん、お犬さま、さまですね。
ちゃんとお留守番できて、たいしたもんです。
まあ、呼吸の苦しい中を、精一杯の留守番をしたいたのでしょう。
いじらしいですね。

投稿: hituji | 2005/10/31 19:57

ののパパさんこんばんは。
コメントありがとうございます。
ポチはお隣の奥さんが大好きでした。奥さんもポチのことを気に掛けて下さり、奥さんから頂き物をする時も、「これ、ポチの分ね」と言って、いつもポチを私達の家族の一員として考えて下さっていました。
 ポチがいなくなってからも変わる事無く、いいお隣さんで、とても有り難い事です。

投稿: 益樹 | 2005/10/29 01:27

電気屋さんもずいぶん不思議に思ったでしょう。でも、お隣の奥さんの機転(?)もすばらしいです。お隣の奥さんも、ポチちゃんの咳がおじいさんの咳に聞こえていたんでしょうね。それだけポチちゃんが、隣の人から見ても「家族」の一員だったからかもしれません。

投稿: ののパパ | 2005/10/28 23:58

ばあやんさん、コメントありがとうございます。
電気屋さんはポチを見るまで、2階には人間の耳の遠いおじいさんがいると信じて疑わなかったようです。
でも暫くすると、ポチ自身では階段の上り下りはできなくなって、私達が抱えて運んでやりました。

投稿: 益樹 | 2005/10/28 21:34

ポチちゃんの咳、本当に苦しそうですね。可哀想な状況ですが、耳の遠いおじいさんにされていたのは、なんとなくほのぼのとしました。
電気屋さんがいい方で、場の雰囲気がとても明るくなりましたね。(*^^*)

投稿: ばあやん | 2005/10/28 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/6690215

この記事へのトラックバック一覧です: 第47章 「お犬様でしたか。」敬語を使われたポチ!:

« 第46章 ポチ、ストーブの前に座り込む | トップページ | 第48章 ポチとの散歩 »