« 第37章 ポチのエピソードⅤ 新幹線編 | トップページ | 第39章 ポチのレインコートはゴミ袋 »

2005/08/29

第38章 ポチの逆襲

 ポチを連れた家内の帰省は、介護をする義父が、肺炎を併発したことにより、思いも掛けず早く、終焉をむかえた。

 当時、毎年私と家内は、梅雨明けの7月、二泊三日程度の夏山登山を楽しんでいた。家内は、義父の介護中であったが、容態が安定していたこともあり、この年平成10年も、お世話になっているN獣医師にポチを預け、白馬鑓ヶ岳、白馬杓子岳、白馬岳を縦走した。
 
 登山中に、義父の容態が悪くなることを恐れた家内は、事前に義姉を通じ義父に、登山するか否か聞いてもらったが、「登山して大いに楽しんでくれば」との返事をもらい、出発した次第であった。
 白馬岳では、ブロッケン現象を見ることができたり等、私達は大いに夏山を楽しんだが、帰宅した翌日、義父の容態が良くないとの連絡が義姉から入り、急遽家内は、ポチを連れて帰省したのであった。
gg
 帰省した家内から、義父の容態が落ち着いてきたとの報告があり、多少安心していたが、前述の通り、肺炎を併発し、容態が急変したのであった。そして危篤の急報を受けた私は、私と家内の実家がある京都府へ発ったが、途中義父の逝去を知ったのであった。

 私は葬儀を終え、一段落の後、一足早く帰宅したが、家内とポチは、諸雑務を終えてから帰宅する事になった。そして、家内とポチの最後の復路で、ポチの大反抗が起きたのである。
 家内の父を失った傷心を、ポチは弱気とでも感じたのか?それとも、ゲージで運ばれる彼の辛さを、最後となる復路で訴えたかったのか?・・
gg-2
 いつもは義姉に、園部駅まで送って貰うのだが、この時は、後始末に忙しい義姉の替わりに、甥夫婦と子供が、駅まで送ってくれた。
 「改札まで送ってあげるよ!」と言ってくれたのを断り、彼等を引き取らせ、家内は一人でポチを、駅前広場で散歩させた。
 いつもであったなら、この駅前広場で、厳しい義姉に睨まれながら、ゲージに入れられるポチだが、この日、傷心の家内は、ゲージに入れたポチを、改札のある2階まで持って上る気力が、湧かなかったのであった。

 改札までの階段を、この時のポチは歩いてあがった。そして、家内は、改札の前の通路でポチをゲージに入れようとするが、頑として入ろうとしない。電車の時間が迫って来る・・、ポチの抵抗は納まらない。
 猛暑の7月であった。家内は全身汗まみれになる、その汗にポチの毛がまとわりつく、体中毛だらけになった。時間は刻々過ぎてゆく、そして電車は行ってしまった。

 家内は泣き出しそうになりながら、少々手荒にポチをゲージに押し込む、しかし今度は、ゲージの上半分と下半分を結合させてある留め具が、外れてしまった。
 苦労の末ようやくゲージに入れたポチを外に出し、ゲージの組み立てをやり直す。
 この時だけは家内も、[もう~ダメッ!!」と思ったそうだ。
 次の電車に間に合わなければ諦めようと、ゲージを組み立て直し、再度ポチとの格闘の後、漸くポチの根負けとなりゲージに納まったのであった。一時間半の格闘であった。

 新横浜に着いた家内は、さすがに精魂尽きた!と言う顔をしていた。山陰線、新幹線の中で大人しかったポチにどうにか救われたとの事であった。
 家内に従順なポチが、あれだけ逆襲に転じたのは、ポチにとってゲージに入れられての旅は相当辛いものだったのであろう。
 
 現在、中に入るべきペットが、いなくなったそのゲージは、自宅の物置の中で、私の日曜大工の木材の端切れ入れとなって、余生を送っているのである。
                                    つづく

|

« 第37章 ポチのエピソードⅤ 新幹線編 | トップページ | 第39章 ポチのレインコートはゴミ袋 »

コメント

グリンドルさん 情報ありがとう(*^^)v 応募要項を見たら、名前、性別、の他に年齢等が必須要項なので・・・ちょっと無理かな(?_?)・・・と思いました。でも教えて頂いて嬉しかったです。(^^♪

投稿: 益樹and益樹の家内 | 2005/09/01 23:08

此処にホームページアドレス書き込めるのかな?
カワイイポチくんの写真を「我が家のペット紹介コーナー」どうかな、と思って。
http://www.sagami-ono.jp/

投稿: グリンドル | 2005/09/01 21:47

グリンドルさん、お早うさん  です。
ポチとの生活今は楽しんで‘‘思い出で日記‘‘にしています。 お暇な時に遊びに来てね。(^^)/~~~

投稿: 益樹and益樹の家内 | 2005/08/31 06:58

hitujiさん、おはようございます。
入るべき犬がいなくなったこのゲージは、無用となり、大きいため処分しようかとも思ったのですが、思い出が詰まっているため処分できず、物置の中に鎮座していました。
今は、入れ物として役に立っています。

投稿: 益樹 | 2005/08/31 06:52

立派なゲージですね。これなら大工道具を入れるのに好都合ですよね。
我が家のゲージは、金網のむき出しになったもので、犬を買ったときにブリーダーさんが下さったものです。
獣医さんも近いし、ペット美容室も近いし、実家も近いから、ゲージに入れて移動することはほとんどありません。

それにしても、奥様には頭が下がります。
私なら、大騒ぎして知り合いを呼んでしまうでしょう。

投稿: hituji | 2005/08/30 23:48

こんばんわ!となりのものです(笑)。
ようやく見つかりました。
「雑種犬ポチ」クン、トップの写真は甥っ子さんが描いた絵に、そっくりで(当たり前か)びっくりしました。
ポチクンは、とっても幸せなワンちゃんだったんだ、って改めて思いました。バックナンバー最初から覗けますので、私も思い出に浸らせて頂きます。

投稿: グリンドル | 2005/08/30 22:22

NAKANOさん(ばあやんさん)こんばんは。
今見ても、結構大きなゲージです。また中にポチが入ったときは、相当な重さになったことを憶えています。
これをベルトで、駅弁のように前に提げ、背中にリュックを背負って、何往復も新幹線で帰省した家内に、口では言えませんが、頭の下がる思いです。

投稿: 益樹 | 2005/08/30 21:52

おはようございます。
奥様はよくこんな頑丈が大きなゲージをポチちゃんを入れて運ばれましたね。気力がないとできないことだったでしょうね。
帰りにはゲージに入ってくれなくて、1時間半もの格闘、お一人で大変な目に合われましたね。一瞬悲しさを吹き飛ばしてくれたのでしょうか。

投稿: NAKANO | 2005/08/30 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/5699884

この記事へのトラックバック一覧です: 第38章 ポチの逆襲:

« 第37章 ポチのエピソードⅤ 新幹線編 | トップページ | 第39章 ポチのレインコートはゴミ袋 »