« 第18章 ポチのエピソードⅣ 寿司食っちまったの!? | トップページ | 第20章 ポチが手術を受けた日  »

2005/07/02

第19章 ポチの大好物「ウインナー」

 ポチは散歩に集中する犬であった。散歩の途中、知り合いの誰かが「ポチッ」と声を掛けてくれても全く知らん顔。わき目も振らず散歩に集中した。

 ポチの散歩コースの途中、奥まった所に、家内の友人の家がある。
 彼女が我が家に来たときは、他の知人が来たときと同様に、ポチはいつも大歓迎の仕草を見せた。彼女にも可愛がってもらっていたが、散歩の途中では全く違った。散歩中に彼女と会い、[ポチ!」と声を掛けてもらっても、チラッと見上げるだけだった。

 ところがある日、家内がポチと散歩の途中、所要で彼女の家に立ち寄った時、「賞味期限がもうすぐ切れるから・・」と、ウインナーを数本台所から持って来てくれた。突然の思いがけない好物に、ポチは目が点になり、彼女を見上げて尻尾をフリフリ喜びを表したという。そして、まるで飢えた犬のようにポチは貪り食ったという。
 image02081115その日からポチは、散歩の途中必ず彼女の家に寄ろうと脇道の方へ、私達を引っ張る様になった。「今日は、行かないよ!」と声を掛けると仕方なく、いつもの散歩コースに戻るのであった。
 彼女も動物好きの人なので、時々家内に「今日ウインナーあるから、散歩の途中寄って!」と、わざわざ電話をくれた。
 
 彼女が電話をくれた日には、散歩中彼女の家の近くまで来たとき、「ポチ!ウインナーだって!」と家内はポチに言った。するとポチはサッと頭を上げて、彼女の家まで一目散に早足で歩く。
 家内がチャイムを押している間玄関の前で、尻尾フリフリ幸せそうなポチであった。
                                  つづく

|

« 第18章 ポチのエピソードⅣ 寿司食っちまったの!? | トップページ | 第20章 ポチが手術を受けた日  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/4801379

この記事へのトラックバック一覧です: 第19章 ポチの大好物「ウインナー」:

« 第18章 ポチのエピソードⅣ 寿司食っちまったの!? | トップページ | 第20章 ポチが手術を受けた日  »