« 第17章 ポチのエピソードⅢ 寿司食いねぇ~ | トップページ | 第19章 ポチの大好物「ウインナー」 »

2005/06/29

第18章 ポチのエピソードⅣ 寿司食っちまったの!?

 ポチは人間好きであった。そして私達の友人達が来訪すると大変に喜んだ。
 友人の来訪を知らせるチャイムが鳴ると、ポチは尻尾を振りながら、玄関まで一目散に駆けて行き、お出迎えした。

 私達は年に何度か、ある友人夫婦とマージャンを楽しむ。
 土曜日の夕方から始め、日曜日に掛かる頃まで行う。
 因みに、夫妻の奥さんは、私達が旅行で帰宅が遅くなるとき、代わりにN先生へポチをお迎えに行ってくださった方である。
2
 私達が、マージャンのため、家具調コタツの足に、更に手作りの延長用の足を取り付けテーブルとし、台所から椅子をリビングに運んで、友人夫妻を迎える準備を始めると、ポチも今日は「マージャンの日」と分かるのであった。
 
 ポチは、「マージャンの日」には、誰が来るのかをきちんと理解していた。「待ってたよ」と玄関でお出迎えし、部屋に入りくつろいだ夫妻に、順次あいさつに行く。そして夫妻の胸元に、「なぜて」とばかりに頭を擦り付けるのであった。
 
 その後、自分の居場所は此処と、テーブルの真下に入り、参加を決め込んでいた。
 マージャンが始まり暫くすると、パイを混ぜる音がうるさいのか、部屋の隅に移動し、「フゥー」と溜息をつき、ドテッと音を発てて寝転んだ。
 
 私達がマージャンに夢中になっていると、「夕飯はまだ?遅いなー」とばかりに時折上目遣いで、私達を見上げる。それでも無視されると、私達用のお茶菓子を「失敬!!」と、取りに来る。「ダメッ!」と叱られると、ふて腐れて台所に行ってしまうのであった。
 
 「マージャンの日は妻達にとって手抜きの日!」と言う事で、夕食には持ち帰り寿司を買って来ていた。
 その日は「うどん」と「握り寿司」のセットである。
 マージャン半荘が終わった所で夕飯にしようと、家内が寿司を取りに台所に行った途端、[何ぃー!これぇー! ポチー!お寿司食べてしまったのー?!」と、何やら大声を張り上げた。
 
 私も急ぎ見に行くと、床の上に空のパックが三つ、握りのシャリがゴロゴロ、ウドンのパックはそのまま・・・何とポチは、台所のテーブルの上に置いてあった、私達の夕飯用の寿司を、二人前はペロリ、一人前はシャリを残してネタだけを食べていた。
 
 私達の慌てぶりを上目遣いに見ながら、ポチは[大満足じゃぁ~!!」とばかり舌なめずりしていた。家内は怒る気力も失せて呆然としていた。満腹になったポチは、その後マージャンの音が気になる様子も全く無く、パンパンのおなかを無警戒に我々に見せながら、爆睡状態となっていた。
 
 その日の私達の夕飯は、手付かずの寿司パック一人前と、カップヌードルであった。
                                  つづく

|

« 第17章 ポチのエピソードⅢ 寿司食いねぇ~ | トップページ | 第19章 ポチの大好物「ウインナー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/4753013

この記事へのトラックバック一覧です: 第18章 ポチのエピソードⅣ 寿司食っちまったの!?:

« 第17章 ポチのエピソードⅢ 寿司食いねぇ~ | トップページ | 第19章 ポチの大好物「ウインナー」 »