« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/12

第5章 ポチと桃源郷へ行った日

 image03210518
山梨県の一宮町、御坂町一帯は、桃の産地で有名な地域で、春には、あたり一面香るような、ピンクの絨毯を広げたようになる。関東の桃源郷として人気がある。
 平成7年4月半ば、私達はポチを連れて、御坂町へ遠出をした。薄曇りの空から柔らかな日の差す、穏やかな日であったのを記憶している。
 
 車を広い農道の端に止め、私達とポチは、咲き誇った桃の花の間を散策しながら、春の楽しさを満喫した。ポチは遠出の度に、新しい場所へ来た事に喜び、興奮気味となり、周囲を嗅ぎ回りながら、得意になって、私達を引っ張って歩いた。
image03230520250 この桃の花も、少しの期間の後、秋に立派な実を結ぶため、農家の人達によって摘み取られる。開花してから、束の間の、春の風物詩となっている。この地もまた、ポチと来たのはこの日限りとなった。
                                   つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

第4章 ポチと吾妻山へ行った日

 神奈川県二宮町にある吾妻山は、山と言うより家族連れで手軽に登れる丘である。春には菜の花が咲き誇り、富士山の展望が素晴らしいことで、地元の人々に大変人気がある。平成7年3月、その吾妻山へポチと家内とで登ったことがある。image03100317
 自宅から車で1時間、午前中に出発する。人気のお出かけスポットのため、早めに着かないと、駐車場がすぐに満車になってしまうことが多い。
 
 駐車場から急な石段と坂を、およそ 15分ぐらい登ると、やがて素晴らしく開放感のある頂へ着く。青い相模湾を望める頂付近は、広く芝生の植えられた展望台になっていて、その日も多くのカップル、家族連れが集まっていた。
 早春ではあったが、湘南の春の日差しはとても暖かく、風も穏やかであった。晴れ渡った空に、ぷかぷかと雲が漂っていた。image03070310
 ポチは、初めての場所へ来たことに興奮気味で、芝生に鼻を擦り付けながら、リードを引っ張りあちらこちらへ家内を振り回す。他にも、犬連れの人達がたくさん来ていて、人間どうし、犬どうし、それぞれ挨拶を交わし、春のひと時を楽しんでいた。私達も春の日差しを一杯浴び、菜の花を愛で、富士山を眺めて、楽しい時間を過ごした後、昼過ぎには帰宅した。
 
 来年以降も、時々ポチを連れて行こうよと話し合ったものだったが、また行こうと思いつつ、吾妻山でのポチとの思い出は、残念ながらこの日だけとなった。
                                   つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »