« 第2章 ポチと初めて逢った日 | トップページ | 第4章 ポチと吾妻山へ行った日 »

2005/02/27

第3章 ポチと初めて遠出した日

 ポチと車で初めて遠出したのは、平成2年の暮、私達夫婦の故郷に帰省した日だった。私達夫婦は京都府北部の出身で、二人の実家は互いに隣町にある。
 毎年、盆と正月には車で帰省し、それぞれの実家に、3日から4日づつ滞在するのを、恒例としていた。
 ポチを連れて帰省するか、自宅近くの獣医さんへ預けていくか、悩んだが、我が家に来て1ヶ月、漸く新しい環境にも慣れた様子であり、彼だけを残すのは可哀そうと思い、連れて行くことにした。
  
 いきなり遠出では、ポチには大変なストレスになるので、近場に数回彼と車で出かけ、慣らすことにした。後部座席に彼を乗せ、窓を少し開けフレッシュな空気が入るようにし、出発する。
image03160504ポチは、少し開いた窓から鼻を突き出し、外の空気の匂いを嗅ぎながら乗っていたが、10分ほど走ったところで、「うお~~ん、うお~~ん」と遠吠えした。我が家に来た日、車で連れてこられたのを思い出したのか、そわそわ落ち着かなかったが、家内が頭、胸等を撫でてやると、漸く落ち着いたようであった。
 
 数回の乗車経験を経て、いよいよ神奈川県から京都府へ、およそ8時間の長旅に出発した。途中2時間毎に、パーキングエリアで休憩を取り、水を与え、用を済ませる。
 ポチをパーキングエリア建物内に連れて入ることは出来ないので、私達の食事は、建物の外へ持ち出しが出来る、うどん、そばをとる。
 真冬であったが、後部座席の窓を適度に開け、新鮮な空気を入れるのは勿論、暖房も極力控えめにし、我々は着膨れ状態で田舎まで走った。
 私達それぞれの実家でポチは、親、兄弟、甥、姪等、家族全員から大歓迎を受け、たちまちに人気者となる。

 以後、正月と盆の年2回、ポチとの往復16時間に及ぶ車での長旅は、平成16年のお盆まで、繰り返されされることになる。
                                   つづく

|

« 第2章 ポチと初めて逢った日 | トップページ | 第4章 ポチと吾妻山へ行った日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81356/3100383

この記事へのトラックバック一覧です: 第3章 ポチと初めて遠出した日:

« 第2章 ポチと初めて逢った日 | トップページ | 第4章 ポチと吾妻山へ行った日 »